2013年10月23日

トレンドの強さを知るものはスキャルピングを制す。

今回はトレンドの強さと方向をわかりやすくするテクニカル。
MTF_Waddah_Attar_Explosion
を使おう。
スキャルピング手法としては中々分かりやすいほうだ。

MTF_Waddah_Attar_Explosion.mq4
http://www.abysse.co.jp/mt4/indicators/MTF_Waddah_Attar_Explosion.mq4
※右クリックからダウンロード

あたらっs.jpg

チャートを見てもらうと上昇だと赤のバーが上がり、下降だと青のバーがあがっている。強さを表しているのだ。

デフォルトでは色が違うがわかりやすく色を変えてある。
続きを読む


posted by 為替仙人 at 19:31| Comment(2) | テクニカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

Bulls(ブル)Bears(ベアー)ラインスキャルピング手法

前回のBulls(ブル)Bears(ベアー)スキャルピング手法値幅が小さいと。の記事より

ライントレードと組み合わせてみるとどうなるのだろうかと検証してみたが、

結論から言うと、うん。悪くない!!

ライントレードの考え方はこちら

そもそもラインの概念を考えてみたら
続きを読む
posted by 為替仙人 at 20:10| Comment(1) | テクニカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

Bulls(ブル)Bears(ベアー)スキャルピング手法値幅が小さいと。

はいこんにちは

前回の記事はこちらです。
最高に分かりやすいぞ!トレンドフォロースキャルピング手法

前回では値動きが強い時やトレンドが発生している時にたいして検証しましたが、

レンジというよりは値動きが極めて小さい時にはどうなるかを考えてトレードしてみました。

値動きが小さすぎる時はどちら方向にトレンドが向くのか今どういう状況で値動きが小さいのかその状況がつかめませんでした。

だから把握する能力を上げるなら大きめの足と同時に見てトレードしたほうがいいですね。
次回はBulls(ブル)とBears(ベアー)を違う時間足も同時に表示してやっていこうと思いますが

今回はまずこちらの画像を見てくださいな。
続きを読む
posted by 為替仙人 at 16:58| Comment(0) | テクニカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

最高に分かりやすいぞ!トレンドフォロースキャルピング手法

はい

前回の記事

Bulls(ブル)とBears(ベアー)を使ったスキャルピングより続き

Bulls(ブル)とBears(ベアー)のもつれを利用したスキャルピング手法


を解説しますよ!

本当に分かりやすいです。

メイントレードにしてもいいくらい。

続きを読む
posted by 為替仙人 at 18:32| Comment(0) | テクニカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

上昇傾向か下降傾向かが一発で分かるスキャルピング手法

前回の記事での答え合わせ!

エリオット波動のスキャルピング手法はZIGZAG(ジグザグ)だ!!

より
ザグ.jpg

僕がZIGZAGのエリオット波動以外に買いポジションを決めた理由!

正解はボリンジャーバンドの2σにタッチしたからでした!!
ボリンジャーバンドと安値の抵抗線。 重なる抵抗線はより大きく分厚くなりますね!
覚えておきましょう!!

はい。では今回の話題に入ろう

上昇なのか下降なのかその比率が分かりやすいスキャルピング手法


さてまず何を使うかなんですが
続きを読む
posted by 為替仙人 at 04:48| Comment(0) | テクニカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。